競艇場

多摩川競艇の特徴を完全解説【予想のコツや押さえポイント】

多摩川競艇アイキャッチ
競艇初心者
競艇初心者
  • 多摩川競艇の特徴はなに?
  • 多摩川競艇で予想する時の攻略法は?
  • 多摩川競艇で予想する時の注意点は?
蒼波雫
蒼波雫
お任せください!

この記事で紹介する内容

多摩川競艇の水面

多摩川競艇の風

多摩川競艇のコース

多摩川競艇のコース別決まり手

多摩川競艇のコース別入着率

多摩川競艇の季節毎のコース別入着率

多摩川競艇の企画レース

多摩川競艇で予想する際の注意点

多摩川競艇で予想する際の攻略法

多摩川競艇ライブ中継(ライブスマホ)

多摩川競艇の特徴まとめ

競艇は6艇で着順を競い合う公営競技です。

競馬や競輪と違い出走数が少ないことから的中しやすい一方で、競艇場のコースや季節、そして気候等の条件の影響を受けやすく、とても奥深い競技でもあります。

そんな奥深い競艇ではありますが、知識をつけていくことで的中率のアップに繋がるのもまた事実です。

当記事を読めば多摩川競艇の特徴がわかるようになります。

多摩川競艇の特徴を完全攻略

基本データ

公式:ボートレース多摩川

電話:042-369-1811

住所:東京都府中市是政4丁目11

SNS: facebook.Twitter

支部:東京

モーター交換時期:8月

多摩川競艇は東京都府中市にあります。

以下が多摩川競艇を上空から見た図となります。

名前の通り、多摩川競艇は東京都を流れる多摩川沿いに位置していますが、水源については名前とは裏腹に、多摩川水系ではなく実際は近隣の井戸から引き上げたものとされています。

そのため海水ではなく、川の水でもありません。

しかし川の水ではないにせよ、川と同様に淡水であるのがまず特徴として挙げられます。

さらに図のように土手に囲まれたプール水面であることから、海のようなうねりや潮の干満差がないのが特徴です。

また防風林を設置していることで風の影響も緩和されているのも大きな特徴と言えます。

多摩川競艇では、これら水面や風の特徴を把握した上で予想をする必要があります。

多摩川競艇の水面

多摩川競艇の特徴として、井戸水ではあるものの淡水であることから、淡水であることを踏まえて予想をする必要が出てきます。

淡水と言えば海水と違い、塩分濃度が低いため浮力が弱いのが特徴です。

そのため選手の体重差が出やすく、ヘビー級選手と称される体重の重たい選手には不利な水面とされています。

さらに淡水は水質が硬く、モーターの回転が上がりにくいとされています。

そのためモーターの差が出やすいのが特徴で、機力がレースに大きな影響を与えます。

このことから、多摩川競艇で予想をする際には、前検タイムや直前情報は欠かさずチェックしておくと良いでしょう。

また先の通り体重差が出やすいとなると、不利なのがヘビー級選手である反面、軽いことがアドバンテージとなっている女子選手に有利に働くと言うことになります。

そのため男女の混合戦の際には、実力もさることながら、女子には特に有利な水面であることを忘れずに予想をすると良いでしょう。

多摩川競艇の風

多摩川競艇の特徴の大きな一つとして、風が挙げられます。

多摩川競艇の実画像をご覧ください。

こちらは多摩川競艇の2階一般席となります。

ガラス奥のバックストレッチ側に緑の林が見えていますが、こちらは防風林と呼ばれるもので、その名の通り風を防ぐためにあえて設けられた林なのです。

この存在のおかげで、多摩川競艇は年を通して比較的穏やかな風の日が多いことで知られています。

競艇は風の影響を受けやすい競技である中、この多摩川競艇では風の影響が少ないことで選手からも走りやすい水面として認識されているのです。

そのため、多摩川競艇では風による影響をそこまで機にすることなくレースに望めることから、選手本来の実力を発揮しやすい水面であると推察出来ます。

先の通り水面の特徴である体重差やモーターの差が出やすいという事実に加え、本来の実力も出しやすい水面であることを加えて覚えておくと良いでしょう。

多摩川競艇のコース

多摩川競艇の特徴としてコースにもあります。

以下が多摩川競艇の水面を中心とした図面です。

まず最初の特徴として挙げられるのが、その広さについてです。

多摩川競艇は関東圏に設けられている競艇場の中でも随一の広さがあることで知られています。

水面が狭いと選手にとって窮屈感を与えますが、広いとスピードを乗せたターンがしやすくなるため、道中も見所のあるレースが見受けられます。

また、実は多摩川競艇は日本一狭い戸田以上に、本番ピットから2マークまでの距離が短いのが特徴です。

戸田競艇は距離が120mありますが多摩川競艇は89m。

日本一狭い競艇場よりさらに30m以上も多摩川競艇は狭いのです。

広さについては日本から3番目の広さであることと、関東一大きな水面であるため、その広さが良くクローズアップされがち。

ですが、多摩川競艇の特徴を最も表現しているのが、その広さにも関わらず、2マーク側に限ってはかなり狭いことであると考えられます。

ピットから2マークまでが狭いと、枠なり進入となりやすくなります。

逆に無理に前付けしてしてしまうことで深イン(進入が深くなり、助走距離が短くなること)となりやすく、荒れる要因となりやすくなるのです。

それだけではありません。

多摩川競艇が広いと言われている中、実は1マークとスタンドまでの距離(41m)は24競艇場の中でも7番目の狭さなのです。

1マークが狭い中でスタートが揃うと艇全体が1マーク付近でも横並びになることとなり窮屈な状態が生まれます。

そうなるとスロットルを握って思い切り旋回しようとする3,5コースに有利となることが多いのが特徴です。

一方窮屈な状態となると差しコースである2,4コースは握ってターンをする艇の引き波にはめられやすく、不利とも言われています。

多摩川競艇の特徴として、その広さはもちろんですが、実は狭い部分もあることを覚えておくと良いでしょう。

多摩川競艇のコース別決まり手

以下が多摩川競艇の特徴である、コース別決まり手の集計表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
197.30.00.00.02.60.0
20.028.062.00.08.02.0
30.039.315.134.810.60.0
40.044.111.735.28.80.0
50.011.57.665.311.53.8
60.030.010.060.00.00.0

(集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日)

多摩川競艇の特徴として、まず第一に3コースの捲り率の高さが挙げられます。

日本一広いとされる浜名湖競艇は、3コースの捲り率が31.7%、捲り差し率が42.6%という状況となっています。つまり多摩川競艇と浜名湖競艇では逆転現象が発生しているのです。

このことから多摩川競艇は、3コースが本命と判断された際には、捲り差しではなく捲りの可能性が高いということとなり、インや2コースが残しづらくなる状況が発生します。

そのため3コース捲りが敢行されると、買い目にも影響しますので注意が必要です。

第二に、4コースについては浜名湖競艇の捲り率が38.6%、差し率が16%となっています。多摩川競艇と比較し、捲り率が低い分、差し率にそのまま加算されている状況となります。

つまり多摩川競艇の4コースは、差し率が低く捲り率が高いと言えるのです。

これらのことから、多摩川競艇のセンター勢は捲り差しや差しよりも、捲りの選択がされる傾向にあることに注意しておくと良いでしょう。

多摩川競艇のコース別入着率

以下が多摩川競艇のコース別入着率の集計表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース1着率2着率3着率4着率5着率6着率
154.317.77.76.96.96.2
210.424.519.418.414.012.9
313.921.618.418.617.79.5
414.316.017.917.218.316.0
55.414.720.418.522.318.5
62.16.317.121.321.131.9

(集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日)

全国的にみてもイン逃げ率は平均値に近い値を示していると考えて良いでしょう。

実は多摩川競艇のコース別入着率を確認すると、近年では過去と比較しても多摩川競艇の逃げ率は上昇傾向にあります。

これはおそらく防風林が設置されて以降、林の木々が成長し、さらなる防風の役目を果たしてくれたおかげで、風の影響がさらに低くなっているためだと推察されます。

イン逃げ以外を確認して、多摩川競艇の特徴が顕著に現れているのが、2コースの1着率が3コースよりも3%以上も低いことが挙げられます。

例えば日本一広い浜名湖競艇と比較してみると、浜名湖競艇は1.1%ほど3コースと比較し、2コースが低く出ていますが、多摩川競艇のように3%もの差はありません。また、日本で2番目に広い蒲郡競艇は3コースと比べて2コースの方が0.8%高い結果が出ているのです。

なぜ多摩川競艇は広いのにも関わらず2コースの1着率が低く出ているのか、理由として考えられるのは、多摩川競艇はその広さとは裏腹に1マークとスタンドの距離が両者の競艇場よりも短く、差しが不利なな状況が生まれているのではと考えられます。

このことから、多摩川競艇の特徴として、2コースよりも3コースの方が有利ということを覚えておくといいでしょう。

さらに浜名湖と蒲郡両者との競艇場との違いとして、その3コースよりも4コースの方が0.5%高くなっていることです。

このことについては、多摩川が風の影響の少ないきっての静水面であることで握りやすいことに加え、1マークとスタンドの狭さが差しに不利な状況であることから、4コース差しではなく、4カド捲りを狙う選手が増えた結果と推察出来ます。

このことも多摩川競艇の大きな特徴と言えるでしょう。

多摩川競艇の季節毎のコース別入着率

以下が多摩川競艇の特徴である、季節毎のコース別入着率(1着〜3着率)です。

春季のコース別入着率(3月~5月)

コース1着率2着率3着率
151.620.18.5
213.624.216.5
313.320.121.7
412.818.320.9
57.812.718.7
61.95.514.8

(集計期間:2019年03月01日~2019年05月31日)

多摩川競艇の春季は年を通して最もイン逃げ率が下がることが特徴です。

しかしその分、他季と比較し、最もインの2着率が上昇しています。

加えて、4・5コースの1着率が最も高くなっていることから、春季は4,5コースの捲り差しが最も高くなる時期と言えるのです。

要因としては気温の上昇に伴い、水温も上昇していることが考えられます。

競艇のモーターは水温が低い方が回転が良くなるように作られています。そのため、水温が高くなる時期はモーターの回転が上がりにくくなります。

モーターの回転が上がりづらくなると、スロー勢のモーターの回転がスタートの時点で上がりきらず、スピードをつけてきたダッシュ勢を受け止めきれずに捲られてしまうレースが多くなっていることが考えられるのです。

しかしそれだけでは夏季の方が暑いはずですので、夏季は余計に逃げ率が低くなりダッシュ勢の活躍が目立つのではとも思えてしまいます。

それにも関わらず夏季の方が逃げ率がわずかに高いのは、選手も気温の変化に対応してモーターの調整をしているので、夏季は全体的に水温が高いことからそれなりの調整をして選手もレースに臨むことでしょう。

しかし春季は季節の変わり目です。日や気候、時間帯によって容易に水温も変化することが予測されます。

この変化に対応しきることが出来ず、ダッシュ勢の活躍が夏季と比べてさらに目立ったのではと考えられるのです。

これらのことから、春季は気温と展示タイムに注意しながらレースを予想することをオススメします。

夏季のコース別入着率(6月~8月)

コース1着率2着率3着率
151.816.09.5
214.022.418.7
313.723.319.7
412.517.721.2
56.514.819.0
62.26.712.9

(集計期間:2019年06月01日~2019年08月31日)

夏季は春季に続いてイン逃げ率が下がることが特徴です。

これは春季同様にモーターの回転率による影響が考えられます。

しかも夏季は年で最も暑いことに加え、多摩川競艇の特徴であるプール水面であることと、防風林により風が少ないことから水温が上昇しやすく、選手の調整が及ばないほどの高温がデータに現れているのではと推察出来ます。

しかし、回転が回るように選手もモーターの調整をしたり、時間帯や日を問わず水温が上昇していることで、春季よりも変化が少ないことから逃げ率については春季よりもわずかに上がる結果となった可能性があります。

一方、インの3連対率をトータルでみると、逃げはともかく春季以上にインが絡みにくい時期であるとも言えます。

これは捲り差しではなくインが捲られて引き波に乗り、大きな着順となる率が上がっているのではと考えられます。

このことから、夏季はインが最も受難に遭いやすい時期として覚えておくと良いでしょう。

秋季のコース別入着率(9月~11月)

コース1着率2着率3着率
157.417.36.7
216.022.613.9
39.223.017.0
411.215.723.1
55.612.221.7
62.110.218.6

(集計期間:2019年09月01日~2019年11月30日)

秋季は年を通して冬季に続いてイン逃げ率が上がる時期です。

注目すべきは春夏と比較して、秋季に入って一気にイン逃げ率が上昇しています。

多摩川競艇の特徴として、年を通じて静水面であることから風の影響は考えにくく、このことからも、気温≒水温による影響が大きいことがより可能性を増します。

つまり秋季に入って水温が下がりつつあり、スロー勢の受難が減ったと考えられるのです。

ただし秋季も春季同様に季節の変わり目です。日により気温の上下はありますし、台風の季節でもあることから少なからず風の影響も考えられます。

それでも最もイン逃げ率が上がる冬季と比較しても有意差は感じられず、連対率を見てもさほど変わりありません。

そのため、秋季は荒れる要素も含んではいますが、全体的には逃げを含めたインが連に絡みやすい時期と覚えておいて頂けると良いでしょう。

冬季のコース別入着率(12月~2月)

コース1着率2着率3着率
157.516.08.1
212.624.719.2
313.320.820.7
410.718.718.7
55.412.520.4
61.58.313.9

(集計期間:2019年12月01日~2020年2月29日)

冬季は最もイン逃げ率が上昇する時期です。

その分、4,5,6コースのいずれもが年を通して1着率が低下する傾向にあります。

先の通り、寒くなるとモーターの回転が上がりやすくなります。

これによりスロースタートで助走距離が短くてもスタートラインまで届きやすく、結果的に内側有利となる体勢が出来上がることとなります。

このことから、冬季は最も逃げやすい時期であることと、ダッシュ勢の勢いが低下する時期として考えてよいでしょう。

多摩川競艇の企画レース

多摩川競艇の特徴として企画レースの存在が挙げられます。以下が、多摩川競艇で開催される企画レースです。

まつりだone

1レース目に開催。原則A級の選手が2名。B級の選手が4名で構成される。ほとんどがA級選手がインコースと4コースに配置される。

ターゲット9

9レース目に開催。原則A級の選手が1名で1号艇に配置。その他をB級選手の5名で構成される。

多摩川競艇は全部で1レースと9レースの計2レースが存在します。

いずれのレースもA級選手をインやカドに配置するレースではあるものの、あくまでA級とされているのみであり、A1級とは言われていません。

特にまつりだoneに関しては、インとカドという一騎打ちを感じさせるような番組構成でもあることから、企画レースといっても的中させやすいレースではないように思えます。

このことから多摩川競艇の企画レースは、インに強い選手を配置して予想をしやすくするような企画ではなく、荒れる要素もたくさん感じられる企画であると捉えておいたほうが賢明です。

多摩川競艇で予想する際の攻略法

多摩川競艇で予想する際は、以下の点を踏まえて予想をすると攻略しやすいでしょう。

静水面で淡水

静水面であることから選手にとっては乗りやすく実力を発揮しやすい一方、淡水であることから浮力が得られくい水面です。

このことから、体重の軽い選手で尚且つ実力の高い選手を軸に考えると良いでしょう。

特に混合戦での女子レーサーは票が集まりにくくなることが多いため、思わぬ穴舟券が飛び出す可能性も考えられます。

今一度予想時には体重チェックしてみると良いでしょう。また、混合戦での不人気の女子選手がさらに機力も十分だった場合には、容易に舟券対象から外す前に今一度考察してみると良いでしょう。

多摩川競艇でインから購入するなら秋冬がおススメ

気温の下がる寒い時期に突入すると、水温が下がりモーターの回転が上がりやすくスタートラインまで届きやすくなり、スタート遅れが減ります。

このことからスロー有利な展開が増えるため、インから購入するならより秋冬の季節の方がより安心できるでしょう。

多摩川競艇で穴を狙うなら夏季の4・5コース

夏季には水温の上昇により、モーターの回転が上がらずスロー勢のスタートが遅れる可能性が高くなります。

むしろ、多摩川競艇ほど季節によるイン逃げ率の違いが露骨に出ている場所も珍しいのではと推察されます。

穴党にはダッシュ勢が頭を獲りやすい夏季での舟券購入をオススメします。

多摩川競艇で予想する際の注意点

多摩川競艇のレースで予想する際は、以下の点に注意して舟券を購入すると良いでしょう。

多摩川競艇の企画レースではインの信頼度に注意

企画レースの中でも、特にまつりだoneについては、主にインとカドにA級、他をB級という構成です。

インとカドだから1-4 4-1と安易に考えてしまうと、思わぬ目が出る事もあります。

それだけインとカドにバランスが偏っているレースは危険なのです。

カド受けである3コースの選手にもプライドがあるでしょうし、簡単に捲られたくはないでしょう。5コースの選手はカドの動向をチェックし捲りにいけば付いていこうとしたり、時には2段捲りを敢行しようと画策していることだって考えられます。

これらのことから、企画レースといっても、特にまつりだoneについては注意して予想しましょう。

春季は「捲り差し」夏季は「捲り」

春季はイン逃げ率が最も低下するものの、捲りばかりではありません。

インの逃げ率は低い一方、2着率は最も高いという特徴から、捲りよりも差しや捲り差し傾向にあると言えるのです。

また夏季はイン逃げ率は春季より若干上昇するだけで、4,5コースの入着率が最も上昇し、なおかつ2着率春季よりも下回ることから、捲り差しではなく、捲りによる決着が増加すると言えます。

多摩川競艇は季節によって決まり手も変わってくる傾向にあり、その結果買い目にも影響が出てくることが考えられますので注意しておくと良いでしょう。

多摩川競艇ライブ中継(ライブスマホ)

無料で多摩川競艇ライブ中継(ライブスマホ)を視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

全国競艇ライブ
全国競艇ライブ中継【無料視聴】【登録不要】全国競艇ライブ中継(ライブスマホ付き)を無料視聴しよう。全国のレース結果をどのサイトよりもいち早く確認することができます。 ...
蒼波雫
蒼波雫
家で多摩川競艇を楽しめるのは良いね!

多摩川競艇の特徴まとめ

多摩川競艇は風が弱く静水面であるため実力を発揮しやすいことや、淡水のため体重差が出やすいことが特徴です。

多摩川競艇のコースについては広く走りやすいとされていますが、実はピットと2マークの距離と1マークとスタンドの距離は狭いのが現状です。

このことから前付けがされたときは荒れやすく捲られやすいためインが受難にあうこともあります。

さらに、季節毎の特徴が出やすく水温差により機力に影響が出やすいため、季節毎の特徴を捉えて予想すると良いでしょう。

今回は多摩川競艇の特徴についてまとめさせて頂きました。

 

guest
0 件の口コミとコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
0
コメントを投稿するx
()
x