競艇場

下関競艇の特徴を完全解説【予想のコツや押さえポイント】

下関競艇アイキャッチ
競艇初心者
競艇初心者
  • 下関競艇の特徴はなに?
  • 下関競艇で予想する時の攻略法は?
  • 下関競艇で予想する時の注意点は?
蒼波雫
蒼波雫
お任せください!

この記事で紹介する内容

下関競艇の水面

下関競艇の風

下関競艇のコース

下関競艇のコース別決まり手

下関競艇のコース別入着率

下関競艇の季節毎のコース別入着率

下関競艇の企画レース

下関競艇で予想する際の注意点

下関競艇で予想する際の攻略法

下関競艇ライブ中継(ライブスマホ)

下関競艇の特徴まとめ

当記事は下関競艇の特徴についてまとめています。

下関競艇の特徴の大部分を網羅しており、本記事を読めば下関競艇のレースの予想がしやすくなります。

数ある特徴の中でも、特にレースに影響しやすいものを抜粋してまとめておりますので、どうぞ最後までご覧ください。

下関競艇の特徴を完全解説

基本データ

公式:ボートレース下関

電話:083-246-1161

住所:山口県下関市長府松小田東町1丁目1

SNS: facebook Twitter

支部:山口

モーター交換時期:2〜3月頃 

下関競艇は山口県下関市に位置しています。

以下が下関競艇を上空から捉えた地図です。

ご覧頂くと下関競艇は関門海峡の一角を利用して作られています。

下関競艇の水面を理解する上で、まずは関門海峡を利用して設計されていることも理解しましょう。

下関競艇の水面

下関競艇は関門海峡の一角を用いられていることで、水面は海水となります。

海水と言えば、うねりや潮の満ち引きの影響を受けます。

しかし下関競艇はナイターに転向指定以降、防潮壁が設けられてうねりの影響は減少しました。そのため普段は穏やかな水面であることも多いのが現状です。

ただし潮位の変化はありますし、大潮の時間帯については水面が波立つこともあります。

そうすると特にスピードを乗せたダッシュ勢の捲りが決まりにくくなるという現象が見受けられるのです。

一方、干潮時はそのうねりが止まり、一転して静水面へと変化します。

静水面の場合は舟がハネずにターンしやすくなることから、ダッシュ勢が活躍しやすくなります。

このことから、下関競艇で舟券を購入する際は、潮位についてもチェックをしましょう。

下関競艇の風

次は下関競艇の風の特徴について把握しましょう。

風向と風速に注意

下関競艇は風向と風速にも注意が必要です。

関門海峡を用いて設計されていることから海風が吹くことが多く、そのためスタートが乱れることもあります。

下関競艇の海はバックストレッチ側にあることから基本的には横風が多く吹きます。

この横風がレースに影響することが多く、スタートラインから見てつい先ほどまで向かい風だったものが、スタートした瞬間に追い風に変わることもあるのです。

そのためフライングを切ってはならないという慎重な出だしが災いし、思わぬ波乱を巻き起こすこともあります。

下関競艇では風向に十分に注意して予想するようにしましょう。

下関競艇のコース

下関競艇はコースに特徴があります。

以下が下関競艇を上空から描いた図面です。

コースの特徴はレースの結果に大きく関わるため、把握しておくと良いでしょう。

ピットから2マークまでの距離

下関競艇の特徴として、ピットから2マークまでの距離が全国の競艇場の中で2位の長さとなります。

この距離が長いとピット離れが良く、出走した瞬間にさらに出足が良い艇に前付けされやすくなり、結果的に進入が変化しやすくなります。

そのためこの距離の長さはレースが荒れる要因となるので、ピット離れと進入には注意が必要です。

1マークは平均的

下関競艇は1マークとスタンド幅が43mと、全国的に見ても平均的です。

また、スタートラインから1マークまでの振り幅も7mとこちらも平均的です。

このどちらも平均的であるということが特徴です。

1マークとスタンド幅が狭すぎず広すぎずということは、差しも捲りもどちらも決まりやすいということになります。

一方、スタートラインと1マークの振り幅も大きすぎず少なすぎずということは、インは逃げやすいとも逃げにくいとも言い切れないのです。

これらのことから、スタートから1マークまでのコースの特徴が平均的であるがゆえに、コースの特徴よりも選手の実力やモーターの調子が結果に影響しやすいと推察できます。

下関競艇のコース別決まり手

以下が下関競艇の特徴のコース別決まり手です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
196.50.00.00.03.40.0
20.011.878.90.05.23.9
30.024.414.244.816.30.0
40.039.121.723.913.02.1
50.016.19.661.29.63.2
60.033.311.155.50.00.0

(集計期間:2020年03月01日~2020年05月31日)

3コースは捲り差し

下関競艇のコース別決まり手の特徴として、第一に3コースの捲り差しでの決着率の高さが挙げられます。

例えば日本一の捲り水面と称される戸田競艇では、捲りが55.4%以上であるのに対し、捲り差しは26.7%と、約2倍ほど捲りの方が多いです。

しかし下関競艇ではその真逆で捲り差しの方が2倍弱、捲りよりも高いという、戸田競艇との逆転現象が発生しているのです。

これは下関競艇がインが強いことから、3コースは捲りにくいと言えるでしょう。

その分、インが残しやすい捲り差しに切り替えての決着を、3コースの選手は狙う傾向にあることを覚えておくといいでしょう。

4コースは捲り

下関競艇では3コースの捲り差しの方が2倍近い決着率を叩き出している一方、4コースは捲りの方が捲り差しよりも1.5倍ほど多い傾向が見受けられます。

このことから下関競艇では3コースのカド受けが機能せずに4コースが攻めてくるという予想をした場合には、

4コースは捲り差しではなく捲り選択が多いことを覚えておくといいでしょう。

下関競艇のコース別入着率

以下が下関競艇の特徴であるコース別入着率です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース1着率2着率3着率4着率5着率6着率
164.917.55.55.23.43.1
213.128.919.215.413.19.8
38.521.721.719.016.812.1
47.918.823.520.216.212.9
55.310.218.122.021.422.7
61.54.212.718.928.533.9

(集計期間:2020年03月01日~2020年05月31日)

イン逃げ率がとても高い

下関競艇の特徴として第一に挙げられるのがイン逃げ率の高さです。

この64.9というのはイン逃げ率日本一を誇る大村競艇場に次いで全国2位となります。

下関競艇はインが強いと言うことをまず念頭に置いて予想してみると良いでしょう。

インの3連対率に注目

下関競艇のインの強さはただ逃げるだけに止まりません。

同時期の統計によると、インの3連対率だけでみれば、あの大村競艇をわずかに上回っているのです。

この点については、下関競艇のコース別入着率の特徴の最も強い部分であるため、是非記憶に留めて置いて頂けると良いでしょう。

3着は3コースよりも4コース

下関競艇のコース別入着率のイン以外の特徴としては、3着の入着率が3コースよりも4コースに入る率が高くなっています。

出目としては、下関競艇は1-○-3ではなく、1-○-4の方が多いということが言えるのです。

この点についても他の競艇場にはあまり見られない特徴であるため、覚えておくといいでしょう。

下関競艇の季節毎のコース別入着率

以下が下関競艇の特徴である季節毎のコース別入着率(1着〜3着率)です。

春季のコース別入着率(3月~5月)

コース1着率2着率3着率
164.917.55.5
213.128.919.2
38.521.721.7
47.918.823.5
55.310.218.1
61.54.212.7

(集計期間:2020年03月01日~2020年05月31日)

下関競艇の春季の特徴として、年を通して最もイン逃げ率が高いことが特徴です。

通常であればインが強いのはモーターの回転率が良くなる冬であることが多いのです。

この後触れます冬が年を通じて2位の逃げ率であることから、

決してモーターの回転率が変化しないという訳ではないですが下関競艇の場合は春が最もイン逃げが決まる模様。

インが最も強くなる分、センターを含むダッシュ勢が最も弱くなるのも春季です。

このことから、春はインが最も強くなる時期と覚えておくといいでしょう

夏季のコース別入着率(6月~8月)

コース1着率2着率3着率
153.421.88.1
215.825.920.7
311.819.720.0
412.018.522.2
56.58.315.6
61.16.313.8

(集計期間:2019年06月01日~2019年08月31日)

下関競艇の夏季は、年を通じて最もイン逃げが決まらない時期です。

春季と比較して、一気に10%以上イン逃げ率が下がることからも、モーターの回転率が顕著に現れやすい水面であると言って良いでしょう。

しかし逃げが決まらない分、下関競艇の特徴であるインの3連対率の高さは夏でも健在な様子。

逃げが決まらない分、インの2着率は年を通して断然高く21.8%という高値をはじき出しているのです。

事実、2コースの1着率が年を通して最も高い、15.8%となっています。つまり2-1の目が多くなると推察できるのです。

このことから下関競艇の夏季は逃げが決まりにくくなる分、対戦相手の決まり手が差しや捲り差しによって2着に落ち着く可能性が高いということを覚えておきましょう。

また、センター勢に注目してみると3コースの1着率が年を通して最も高くなることも特徴です。

しかし春季では3コースの方が4コースよりも高い勝率を示していましたが、夏季ではそれが一転して4コースの方が勝率が高くなっています。

その3コース以上に、夏季は4コースの方が勝率が高くなるのも合わせて特徴と言って良いでしょう。

秋季のコース別入着率(9月~11月)

コース1着率2着率3着率
161.016.96.9
212.123.919.9
310.623.520.6
412.617.819.8
53.712.420.2
61.16.814.0

(集計期間:2019年09月01日~2019年11月30日)

秋季の下関競艇は年を通して4コースの1着率が最も高くなります。

しかしイン逃げ自体は60%を超えていますし、5コースの1着率が年を通して最も低いことから、決してダッシュ勢が活躍しやすい時期とは言えません。

一方、5コースに注目してみると、1着率は年を通して最も低くはなるものの、2着率が最も高くなり12.4%という数値となっています。

これは年を通して最も1着率が高い4コースがレースを作り、5コースが2着に食い込みやすくなったと推察できます。

このことから下関競艇の秋季は、ダッシュ勢の活躍が目立つ時期とは言えませんが、4コースがレース展開を作りそうなレースでは、思い切って4-5の目にも注目しておくと良いでしょう。

もう一つ、下関競艇の秋季の特徴として、他の季節と比較して唯一秋季のみ3着の入着率が3コースの方が4コースよりも高くなっています。

先のコース別入着率でも触れましたが、下関競艇は1-○-3ではなく、1-○-4の方が多いことをお伝えしました。事実、春夏冬は全て3着率が最も高いのは4コースとなっていますが、唯一秋季のみ、わずかに3コースの方が高くなっているのです。

これは秋季が年を通して4コースの1着率が最も高くなる分、4コースの3着率が減少したと推察できます。

よって下関競艇の秋季は、1-○-4ではなく、1-○-3の方が出やすいと記憶にとどめておきましょう。

冬季のコース別入着率(12月~2月)

コース1着率2着率3着率
163.114.57.5
211.527.520.1
310.122.519.8
48.119.422.7
56.39.917.0
61.67.013.8

(集計期間:2019日12月01日~2020年02月29日)

下関競艇の冬季は、年を通じて2番目にイン逃げ率が高くなります。

これは春季同様にダッシュ勢が全て1着率が10%台を切っており、やはり冬となり水温が下がったことでモーターの回転率が上昇し、スロー勢が活躍しやすいことが影響しているとみて良いでしょう。

しかし、イン逃げ率が最も高い春季と比較しても有意差がないほど、冬季は逃げる率が高いことに変わりはありませんが、その春季と比較してインの2着率が3%ほど違っており、冬季の方が低い結果となっています。

つまり、その分の3%の2着率が他のコースに移動しているということになります。

そこで、冬季と春季でその他のコースの2着率を比較してみると、2,3,4,5コースについては有意差が感じられません。ここにきて6コースの2着率が年を通して最も高くなり、7%となっているのです。

この7%は変わらず低い数値であることに変わりはありませんが、4%から7%に上昇しているということは2倍弱ほど入着率が上昇したとも言い換えることができます。

このことから、下関競艇の冬季は6コースの2着率に注意しておくと良いでしょう。

下関競艇の企画レース

以下が下関競艇の特徴である企画レースの一覧です。

シーモ戦

1レース目に実施。1号艇にA級選手で、その他のコースにはB級選手を配置する。

進入固定戦

5レース目に実施。1号艇と4号艇にA級選手で、その他のコースにはB級選手を配置する。

ふく~る戦

7レース目に実施。1号艇にA級選手を配置。

それぞれ解説します。

シーモ戦

下関競艇の企画レース「シーモ戦」は、1号艇にA級選手を配置とあります。その他が全てB級選手で固定されているため、比較的逃げが決まりやすいレースでもあります。

つまり、逃げを専門に買うファンにとっては買いやすいレースといって良いでしょう。

しかし、あくまでA級選手と記載があるのみでA1級と決まっている訳ではありません。

直近ではA2級の選手よりも、B1級の選手の方が成績の良い選手もたくさんいます。

必ず逃げられるという訳ではありませんので注意しておきましょう。

さらに、仮に逃げたとしても2,3着を選定するのに苦慮することも想定されます。

イン逃げだけで20通りの買い目があるため、その20通りの中から選んで購入しなくてはなりません。

イン逃げに人気が集まっていると、安い目が来た場合はトリガミという、舟券購入額よりもリターンの方が安いという現象になりかねないため、オッズと相談しながら舟券を購入するようにした方が賢明でしょう。

進入固定戦

下関競艇の企画レース「進入固定戦」では、スロー勢には連絡みしやすいレースとなります。

しかし、必ずしも逃げられるとは限りません。

また、逃げられないからと言って必ず4-1となる訳でもありません。

4コースが捲り差しではなく捲りを選択した場合には、インコースの選手が引き波にハマり着外となるケースもあるのです。

一方、逆のことも言えます。

このインとカドが軸と想定されるレースは、3コースの選手にとってはカド受けの役目が期待されます。

そのことを選手もわかっているため、スタートを踏み込んで4コースの捲りに抵抗するために張り切るシーンが良く見受けられます。

その結果、そのままインを3コースが捲ってしまったり、4コースの捲りに抵抗して3コースと捲り競って一緒に飛んでいってしまったりなど、様々なケースが考えられるのです。

このことから、こちらの進入固定戦はあくまでファンを悩ませ、楽しんでもらうレースとして捉えておいた方が良いでしょう。

ふく〜る戦

下関競艇の企画レース「ふく〜る戦」こそ最も波乱含みのレースと言えます。

あくまで1号艇にA級選手を配置となっているだけで、その他のコースには様々な階級の選手が配置されます。

インが連絡みできるかも不透明で、軸自体も定まらないレースが時折見かけられます。

事実、1号艇にはモーターの調子が悪そうなA2級選手で、2,3コースがカド受けの機能が怪しいB級、そして5コースや6コースに実力者のA1級と言った、とても予想の難しいレースなども用意されていたりするのです。

このことから、ふく〜る戦は、多くのファンを勝たせるレースではなく、予想するのが難しいレースであると覚えておくといいでしょう。

下関競艇で予想する際の攻略法

下関競艇のレースを予想する際の攻略法をまとめました。

以下の点を踏まえて予想すると回収率のアップに繋がります。

まずはイン逃げを基本として考える。

下関競艇の特徴として、インの強さが際立っています。イン逃げ率は全国の競艇場の中で2番目の高さです。

インが逃げる可能性が高いことを念頭に置いて予想をするといいでしょう。

夏季は2-1を押さえておく。

下関競艇の夏季はインの2着率がとても高くなっています。

また、年を通して最も2コースの1着率が高いことを踏まえると、2-1の目が頻出であることが推察されます。

このことから、下関競艇の夏季は2-1の可能性が高まることを押さえておきましょう。

春夏冬は1-○-4、秋は1-○-3。

下関競艇のコース別入着率の分析結果から、春夏冬は4コース、秋のみ3コースが3着であることが最も多いことがわかります。

このことから、春夏冬は1-◯-4、秋のみ1-◯-3が多いことを記憶にとどめておくのが、悔し3着外しが少なくて済むでしょう。

場合によっては2連単に切り替えて舟券を購入してみるのもいい手段といえます。

3コースは捲り差し。4コースは捲り。

下関競艇のコース別決まり手から3コースは捲り差し4コースは捲りが高くなっていることが判明しました。

捲りの場合はインが引き波にのまれやすく残しづらくなります。

一方、捲り差しの場合はインが先マイしやすい状況となります。

3コースか4コースが攻めてくると予想した場合には、これらの特徴を押さえておき、捲りか捲り差しかを判断した上で予想してみると、的中率アップに繋がるでしょう。

下関競艇で予想する際の注意点

下関競艇のレースで予想する際の注意点をまとめました。

舟券を購入する前に、今一度注意点をおさらいして頂くことがなお一層の回収率アップの秘訣でもありますのでご覧ください。

進入が変わりやすい水面

下関競艇のコースの特徴から、ピットから2マークまでの距離がとても長いことが判明しました。

この距離が長いと、進入が変わりやすくなります。

進入が変わると、前付けに抵抗した内よりの艇の助走距離が短くなりスタートが届かずに荒れる要因となります。

まずはスタート展示を忘れずにチェックし、荒れるか荒れないかを十分に考えてリスク管理を行うことをお勧めします。

天候は主に風向と潮位に注意する。

下関競艇の天候条件として、横風が多く荒れる要因となります。

特に助走をつけるタイミングからスタートラインまでの短い間に横風だったものが、追い風や向い風に変化することもあり、フライングの原因となったりもします。

選手も風向の微妙な変化を気にするあまりフライングを警戒し、スタートが慎重になることもあるため、それが災いして波乱を巻き起こすこともあるのです。

優しめの風速(1〜3m)であれば、選手も感覚でカバー出来やすいものの、風速4mを超える風については要注意です。

さらに下関競艇は膨張壁が設置されているものの、あくまで海水面であり、潮位の変化は存在します。

満潮時はスロー、干潮時はダッシュに有利に働くことを踏まえておき予想してみましょう。

イン絶対信頼は危ない。

下関競艇はインがとても強い競艇場です。

しかしあくまで6割強の逃げ率であり、言い換えると4割ほどは逃げないとも言えます。

イン逃げばかりに注目することなく、進入が変化したり風や潮位など、レースに及ぼす外因にも注意を払っておくべきでしょう。

下関競艇ライブ中継(ライブスマホ)

無料で下関競艇ライブ中継(ライブスマホ)を視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

全国競艇ライブ
全国競艇ライブ中継【無料視聴】【登録不要】全国競艇ライブ中継(ライブスマホ付き)を無料視聴しよう。全国のレース結果をどのサイトよりもいち早く確認することができます。 ...
蒼波雫
蒼波雫
家で下関競艇を楽しめるのは良いね!

下関競艇の特徴まとめ

下関競艇のコースや気候、決まり手、その他沢山の特徴をまとめました。

これらの要素を全て網羅すれば、勝てるレースも増えるはずですが、全てを記憶しておくのは難しいかもしれません。

しかし少しでも覚えておけば回収率を上げることができます。

まずは、下関競艇はインが強いばかりではなく、3連対率は日本一!しかし、中には気候条件や進入など荒れやすい要素もある!

以上の事だけでも押さえておくといいでしょう。

下関競艇で開催されるレースの攻略に役立てて、回収率を上げる助けとなれば幸いです。

 

guest
0 件の口コミとコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
0
コメントを投稿するx
()
x