競艇場

常滑競艇の特徴を完全解説【予想のコツや押さえポイント】

常滑競艇アイキャッチ
競艇初心者
競艇初心者
  • 常滑競艇の特徴はなに?
  • 常滑競艇で予想する時の攻略法は?
  • 常滑競艇で予想する時の注意点は?
蒼波雫
蒼波雫
お任せください!

この記事で紹介する内容

常滑競艇の水面

常滑競艇の風

常滑競艇のコースの特徴

常滑競艇のコース別入着率

常滑競艇のコース別決まり手

常滑競艇の季節毎のコース別入着率

常滑競艇のモーター交換時期

常滑競艇の企画レース

常滑競艇で予想する際の注意点

常滑競艇で予想する際の攻略法

常滑競艇ライブ中継(ライブスマホ)

常滑競艇の特徴まとめ

全国には24箇所もの競艇場が存在する中、それぞれに独自の特徴を兼ね備えています。

今回ご紹介する常滑競艇は海を利用して作られていますが、競艇場は川や湖などを利用して作られているところもあり、一つとして全く同じ条件の場所は存在しません。

競艇は水質や風、潮の動きなどがレースに影響する為、各競艇場で予想をする際は場所特有の風や潮による影響も理解する必要があります。

当記事を読めば常滑競艇の特徴がわかるようになります。

蒼波雫
蒼波雫

常滑競艇の特徴を完全攻略

基本データ

公式:ボートレース常滑

電話:0569-35-5211

住所:愛知県常滑市新開町4-111

SNS: facebook/Twitter

支部:愛知

モーター交換時期:12月

常滑競艇は愛知県常滑市にあり、伊勢湾の一角を利用して作られた競艇場です。

上空から見た図は以下の通りです。

常滑競艇は海水面のため、潮の干満差があるかと思ってしまいますが、実は元が内海に作られており、さらに外海と内海が水門で区切られているため潮の干満がありません。

このことからまず常滑競艇には海水面にも関わらず潮位差が存在しないことを覚えて頂けると良いでしょう。

常滑競艇の水面

常滑競艇の特徴として、まず初めに水面の特徴を挙げていきます。

以下が常滑競艇の水面の特徴です。

常滑競艇は水門で区切られていることから干満差がないことにより、比較的穏やかな水面となります。

穏やかな水面であれば、外でも思い切った攻勢が仕掛けやすいことにより、アウト側に有利に働くことも多い特徴です。

一方、常滑競艇の特徴としてインを筆頭にスロー水域でも握ってターンが仕掛けられるため、イン逃げ率が全国的に見ても高めを推移しています。

また、常滑競艇がホームである常滑支部の選手によれば、常滑競艇は水質が全国的に見ても柔らかいのだとか。

基本的に海水の場合は淡水や汽水と比較し柔らかい水質とされています。

それは塩分を含んでいる為ですが、選手情報から推察すると、常滑競艇の水はより塩分濃度が濃いということになります。

塩分が濃いと浮力が増大します。浮力が増大すればその分体重の重い選手にも浮力がかかるため、成績が上昇する傾向にあります。

このことから、常滑競艇で舟券購入する場合は体重の重い選手にも注意して買い目を選択する方が良いでしょう。

常滑競艇の風

常滑競艇の特徴である風について解説します。

常滑競艇はシーズンにより風向きが変わります。以下、シーズンごとの風の特徴です。

常滑競艇の春の風

春先は年を通して最も風向きが変化しやすい時期となっております。

向かい風か追い風か、そのどちらかだけでも注意して舟券購入をした方が賢明でしょう。

常滑競艇の夏の風

春からは一転し、年を通して最も風が安定する時期。少しばかりの風向きなら気にしなくても良さそうです。

しかし、水面的にはモーターの回転数が最も上昇しにくい時期でもあるため、向かい風が強く吹いていた場合はスローが崩れることも。

そのため、向かい風時はインから基本購入するファンには注意が必要でしょう。

常滑競艇の秋の風

比較的風向きの変化は気にかけなくても良いシーズンではありますが、春ほどではないにしても風向がコロコロ変わることもあります。

特に雨天後は向かい風傾向となりやすく、スロー水域が崩壊することもあり、本命党には注意が必要です。

常滑競艇の冬の風

常滑競艇の冬の時期は、最も季節風が吹く時期であり、安定板を装着する日もしばしば。

競艇における安定板のジンクス(装着時はスロー有利)が適用する傾向にあります。

安定板使用アイキャッチ
安定板使用について徹底解説【レースへの影響や有利なこと】安定板使用について徹底解説。当記事を読めば安定板が使用された時のレースの影響や有利なこと、安定板使用時の予想のポイントが掴めるようになります。...

まずは常滑競艇はシーズンごとに風の特徴があるということを覚えておきましょう。

常滑競艇のコース

常滑競艇の特徴であるコースについて解説します。

以下が常滑競艇を上空から捉えた図です。

ご覧いただいた通り、競艇場の中でも1マーク側のバックストレッチが広いことから、スロー水域の艇でも思い切ったターンができることが、常滑競艇の特徴であるイン逃げ率の高さに繋がっています。

一方スタンド側から1マークまでの幅が40mと、こちらは比較的競艇場の中にあっても狭い設計となっております。例えば日本一のイン逃げ率である大村競艇は48mであるため、実に8mもの差があるのです。

1マークとスタンドの距離が短いと、握って回る艇に有利な分、差し選択となりやすいコースである2,4コースについては不利な状況が生まれやすいとされています。

またスタートが遅れてしまうと一気に差が生まれてしまうので、スタートに勝負の大部分が左右されるとも。

このことから、イン逃げ率は高い傾向にある常滑競艇ではありますが、スタートが鍵であることや、1マークについては捲りコースである3,5コースに比較的有利であることを覚えておいて頂けると良いでしょう。

常滑競艇のコース別決まり手

常滑競艇の続いての特徴はコース別の決まり手です。

以下が常滑競艇のコース別決まり手の一覧表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
195.90.00.00.04.00.0
20.017.172.80.07.12.8
30.031.58.247.99.52.7
40.055.716.321.34.91.6
50.029.48.847.014.70.0
60.012.525.037.525.00.0

(集計期間: 2020年1月1日~2020年3月31日)

常滑競艇の特徴として、3コースの捲りと捲り差しの差が10%以上あります。

例えば捲り水面と称される戸田競艇は、3コースの捲りが57.9%、一方捲り差しが24.2%と常滑と比較して逆転現象が発生しているのです。

つまりこれは1コースがスタートを決めている選手が多いか、または2コースの選手が壁となっているか、はたまた3コースの選手がスタートをゆっくりとする傾向にあるかなど様々な要因が考えられます。

しかし捲りよりも捲り差しを選択する傾向にあるということは、3-?の買い目よりも、3-1となりやすいことがわかります。

この点については是非舟券購入時の参考にして頂けると良いでしょう。

常滑競艇のコース別入着率

常滑競艇の続いての特徴はコース別入着率です。

以下が常滑競艇のコース別入着率の一覧表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース1着率2着率3着率4着率5着率6着率
156.718.36.78.25.04.8
212.525.919.618.610.712.5
313.121.220.115.319.010.9
410.818.820.818.816.314.0
56.010.719.720.625.817.0
61.45.814.019.223.635.8

(集計期間:2020年1月1日~2020年3月31日)

常滑競艇の入着率の特徴として、インの3着までの入着率が8割を超えています。

このことから常滑のインの強さが伺えます。

ただし、イン逃げ率日本一の大村競艇と比較してするとイン逃げ率が10%ほど低いことや、あくまで5割強の逃げ率から推察すると、2レースに1レース弱は逃げられないということになります。

このため、インが絶対信頼という訳ではないことだけは覚えて置いて頂けると良いでしょう。

また3コースと4コースが、全着順ともに大差はありません。

このことから、3コースの選手を購入する際は4コースの選手にも注意が必要ということになります。逆に4コースの選手を購入時は3コースの選手にも注意しておいた方が良いでしょう。

3着にご注目頂くと、インおよびスロー水域の艇が強い特徴のある競艇場は5,6コースの入着率が低い傾向にあります。

しかし常滑競艇の場合、5,6コースの3着の入着率が合わせて33.7%と、実に3割を超えているのです。

このことから、3〜4レースに1レースは5,6コースが3着に入着する可能性があるということになります。

必ずしも1,2,3,4コースで決着しやすい訳ではないことも考慮頂いた方が良いでしょう。

常滑競艇の季節毎のコース別入着率

常滑競艇の続いての特徴は季節毎のコース別入着率です。

四季別にそれぞれの特徴を捉えておきましょう。

春季のコース別入着率(3月~5月)

コース1着率2着率3着率
161.314.48.3
212.525.118.2
39.322.920.3
49.718.820.3
55.812.418.8
61.97.114.8

(集計期間:2019年3月1日~2019年5月31日)

春季は年のうち最もイン逃げ率が高い時期と言えます。

しかし年を通してイン逃げについてはほとんどその確率に変化はみられません。

一方インが差されたり捲り差されたり、時には抜かれたりして2着になる確率は年のうちに最も低下する時期でもあります。これはおそらく逃げの確率が高いため、2着になる確率がそのまま下がっているのではと予測できます。

また春季の特徴として、3着に入る確率が6コースが低い一方、それ以外の2,3,4,5コースがほとんど有意差が見られません。

このことから春季で舟券購入時に3着に悩んだ場合は、流す方が無難と言えるでしょう。

夏季のコース別入着率(6月~8月)

コース1着率2着率3着率
160.215.88.5
211.129.118.2
312.820.021.8
48.518.621.0
55.911.016.4
62.06.314.8

(集計期間:2019年6月1日~2019年8月31日)

夏季は春季に続いてイン逃げ率が高い季節となります。

一方、2コースの1着率よりも3コースの1着率が高くなるなど、春季と比較し明らかに異なる部分も見られますが、これは4コースの1着率が減少し、その数値がそのまま3コースに移動したようにもみえます。

このことから夏季は春季と比較し4コースからの捲りや捲り差しがわずかに現象し、その分カド受けとなる3コースが奮闘し、そのまま捲りもしくは捲り差しが決まったことによる数値の変化とも言えるでしょう。

つまり夏季は3コースの動向に注目してカド受けとカドのバランスを考えながら舟券購入に繋げた方が良さそうです。

秋季のコース別入着率(9月~11月)

コース1着率2着率3着率
154.615.69.2
213.623.018.0
311.124.219.1
413.317.119.5
56.513.518.9
61.87.716.0

(集計期間:2019年9月1日~2019年11月30日)

秋季は年を通して最もイン逃げ率が低下する時期となります。

54.6%と5割強に留まっていることから、2レースに1レースは逃げられない結果となるため、イン逃げを基本として舟券購入をされる方は選手の実力や機力、気候条件をより一層見定めて購入した方が良いでしょう。

また3連対率についても年を通して唯一8割を切る時期でもあるため、通常であれば3着以内に入ると思われる場合であっても慎重に買い目を選択した方が良さそうです。

しかしいずれの場合も捲り水面の戸田競艇と比較した場合、戸田競艇はイン逃げ率が4割強に留まっているため、基本的にはイン有利であることも念頭において考えるべきと言って良いでしょう。

冬季のコース別入着率(12月~2月)

コース1着率2着率3着率
158.118.46.3
213.326.419.7
313.620.820.0
49.317.421.2
54.911.419.9
61.86.313.8

(集計期間:2019年12月1日~2020年2月29日)

冬季はイン逃げ率が秋季と比較して4%ほど上昇していますが、それ以上に注目すべきはインの2着率の高さです。

この2着率が18%強となっているのは単に差される確率が高いだけではなさそうです。

2着率が高い一方、3着率が年を通して最も低く出ていることから、差される確率が上がっていること以上に、2マークで他艇に抜かれて3着に後退することもなく、なんとか2着をキープできる確率が高い時期と言えるのではと考えられます。

要因として考えられるのは風が強く安定版を装着する日が多くなることで、ターンでインが流れて差される確率が上昇してはいるものの、外の艇が安定版の影響によりスピードダウンして、捲りや捲り差しが届かないためと考えられます。

このことから、仮にインが2コースの選手に差されると予想した場合、2-?-1の舟券を押さえで購入することなく2-1に絞ることができ、押さえの購入金額分を2-1-?の方に厚めに購入できる時期と考えることも出来ます。

ハイリターンを目指すファンにとっては買いやすい時期とも言えるでしょう。

常滑競艇のモーター交換時期

常滑競艇は毎年12月にモーターの入れ替えがあります。

この時期はモーターの過去の勝率を参照することが出来ないため、機力重視のファンにとっては買い目の選択に苦慮する時期でもあります。

例えば以下のレースをご覧ください。

常滑競艇の出走表出展:BOATRACE

ご覧の通り、特に交換付きの月初めの場合はこのように出走歴のないモーターは0となります。

一方、交換月の後半になってくる以下のレースもご覧下さい。

常滑競艇の出走表出展:BOATRACE

ご覧の通り、まだ出走歴のないモーターと、たった1〜2、3節走っただけのデータのため、データの高低が激しく出ています。

この場合、仮に機力が弱いモーターであっても上位級の選手が乗りこなすことで連対率が高く出ていることも考慮に入れなければなりません。

このことから交換月やその翌月までは機力は参考にならないこともあるため、あくまで少し目を通す程度におさめておいた方が賢明でしょう。

では出走表でモーターの機力が参照出来ない交換月は、何を参考にすれば良いのかが重要となってきます。

機力に関して出走表以外で参考に出来るものとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 前検タイム
  • 当日の展示タイム
  • 部品交換

この中で常滑競艇の特徴として特に参考にして頂きたいものが、前検タイムです。

常滑競艇を走り慣れた地元支部の選手からの情報として、当日の展示タイムはよほど悪くなければ気にかけなくても良いという話があります。

つまり、当日の展示タイムについては誰が見ても明らかに良い場合と悪い場合以外は、進入するコースに重きを置いて考えた方が賢明だと言って良いでしょう。

そこで、機力本来の数値を最も表しているのが前検タイムではと考えられます。

当日の展示タイムは出走回数を重ねていく中で選手がプロペラ調整を重ねたり、出走時間による気候の変動からくる水温の変化を受けて日を追うごとに変化します。

それらの変化を受ける前のモーター本来の機力が最も数値化しているのが前検タイムなのではと考えられるのです。

その他、部品交換については当日の直前情報の中で確認できます。

交換している≒調整に苦慮していると考えて良いでしょう。部品交換して調整が合えば展示タイムに現れることも多く、部品交換に関しては忘れずにチェックしておいたほうが賢明でしょう。

以上のように得られる情報は全てチェックできればそれに超したことはありませんが、限られた時間の中重要度の高いものから順にチェックしておけるように優先順位をはっきりさせておけると良いでしょう。

常滑競艇の企画レース

常滑競艇の特徴として企画レースはありません。

企画レースが存在しないということは、番組マン側の意図の通りにレースが組まれるということです。

例えば初日の1レースの1号艇がA1級でしたが2日目の1レース1号艇はB2級という場合もあるということになります。

一つのレース場ばかりを長く購入しているファンであれば、番組マンの傾向はなんとなく掴むことはできるかも知れません。

しかし多くのファンにはそれは難しいと思われます。

このことから常滑競艇の場合は、企画レース目当てで舟券購入ができないという事を覚えておいて頂けると良いでしょう。

一方、企画レースが存在しないことによるメリットも存在します。

それはコースごとの入着率やその他のデータに、企画レースを考慮しなくて良いということです。つまり常滑競艇の特徴として、データそのものにコースや気候、水面の特徴がダイレクトに反映しやすいということになります。

そのため常滑競艇のデータは他の競艇場と比較しても、場の特徴を表す精度が高いと言えるのです。

常滑競艇で予想する際の注意点

常滑競艇のレースで舟券を購入する際には、以下の点に注意して舟券を購入すると良いでしょう。

基本は内寄り有利であっても、外の艇の展示タイムが極端に良い場合

先の通り常滑競艇の特徴として、全国的にみても水質の柔らかいことが挙げられます。

柔らかいと機力本来の差が出にくいとも言われています。

機力本来の力が見えにくいということは、展示タイムにも差が出にくいということになります。

このため、少々の展示タイムの違いは気にかけなくても良いとされる一方、そんな中でもさらに展示タイムが抜けている外の艇がいた場合はとてもモーターの調子が良いということになるのです。

仮に6号艇の展示タイムが抜けていた場合、選手が捲りの実績があると、時に1号艇が人気を集めていても、6-1で万舟券が出ることも。

これらは海水面の競艇場であればどこでも言えることですが、特に常滑競艇の場合は、屈指の柔らかい海水面のため、機力差が出にくい条件を飛び越えて展示タイムが良い艇があった場合には特に注意しておく必要があります。

スタートラインまで届きにくい

通常であれば常滑競艇のような海水面の場合は気圧が高くなります。

気圧が高くなると、モーターが空気を吸い込みやすく、力が加わりプロペラの回転数も上がりやすくスピードに乗りやすくなるのが特徴です。

スピードに乗りやすいと、スタートラインまでにも極力早く到着できるので、スタート遅れが少なくなります。

しかし常滑競艇に限っては海水面にも関わらず、地元選手曰くなぜか回転数が上がりにくいのだとか。

これはモーターの回転数は水温が低いと回転数が上がり、高いと回転しにくいとされているので、常滑競艇の水温はとにかく上昇しやすいのではないかと考えられます。

回転数が上がりづらいとスピードがつかないため、スタートが遅れることに繋がります。

そのため選手は回転数が上がりにくい分、すこしでもスタートに遅れないために調整を重ね、プロペラの形状を工夫してスピードに乗りやすくする工夫を凝らす必要がります。

そのため常滑競艇の特徴を踏まえきれずに調整しきれない選手にはスタートがとても難しいとされているのです。

常滑競艇で予想する際の攻略法

常滑競艇で開催されるレースを予想する場合は、以下に着目して予想をすると良いでしょう。

スタートが難しい分、走り慣れた地元選手に注目する

常滑競艇の特徴としてモーターが回転しづらいことによるスタートの難しさがある分、走り慣れた常滑支部の選手は常滑の水面に適したモーター調整力が身に付いていると考えて良いでしょう。

例えば実績十分であったとしても節間の成績や、常滑での勝率が低いA級選手がインに構えていたとして、4カドには展示タイムの良い常滑支部の選手がいた場合には、捲りや捲り差しの決着も有り得る!と、是非注目して予想してみると良いでしょう。

体重差が出にくい

常滑競艇の特徴としてとても水が柔らかく、浮力があるとされています。

通常ビハインドとされる体重の重い選手であっても浮力がついてボートに推進力が得られるようになることから、普段体重の重い選手に有利に働き、軽いことでメリットを得ていた選手、つまり女子選手には不利に働くことになるのです。

さらに浮力の強い常滑競艇の水面は、展示タイムに差がつきにくいともされています。展示タイムに差がつかないということは、機力の優劣が出にくいということになります。

以上のことを考えると、機力や体重差ではなく、純粋に進入コースの優位差と、旋回力やスタート力、そしてスピードなどの実力で勝負ができるということになるのです。

つまり、常滑競艇で予想をする際は、コースと実力を重点的に考えると良いでしょう。

特に元は競艇選手の標準体重で好成績を納めていたものの、ウェイトコントロールに失敗して直近では成績を落としていた選手がいた場合、暗に入着はないと考えることは危険かも知れません。

そこで逆転の発想として、ヘビー級と称されるようになってしまってB級に格下げされていたものの、元来は技術は一流だった選手が常滑に斡旋が入った場合は、一躍要注目のレーサーとして輝く可能性もあるということを覚えておくと良いでしょう。

高配当がゲットできるチャンスかも知れません。

スピード戦勝負になることもある

風が吹いていない時は、広い水面を生かして若手選手のスピード戦が光るときもあります

静水面の場合はターンスピード勝負になることも多いので、ベテラン選手がツケマイで沈められてしまうことも多いです。

センターコースに勢いのある若手がいる場合は、若手選手と侮らす抑えておくことをおすすめします。

常滑競艇ライブ中継(ライブスマホ)

無料で常滑競艇ライブ中継(ライブスマホ)を視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

全国競艇ライブ
全国競艇ライブ中継【無料視聴】【登録不要】全国競艇ライブ中継(ライブスマホ付き)を無料視聴しよう。全国のレース結果をどのサイトよりもいち早く確認することができます。 ...
蒼波雫
蒼波雫
家で常滑競艇を楽しめるのは良いね!

常滑競艇の特徴まとめ

常滑競艇の特徴として、基本的にはインを含めてスロー水域が強い傾向にはあります。

しかし水温の上昇による影響なのか、モーターの回転数が上がりづらいことでスタート遅れが生じやすく、スタートが難しい水面であります。

そのためたとえ実績十分な選手であってもスタート遅れが生じて夜思わぬ穴舟券が出やすい水面でもあるため、本命党のファンには注意が必要です。

また、全国的にみても浮力の強さから体重差が出にくい水面でもあります。

体重増加により辛酸を舐めさせられている選手が常滑に斡旋があった際には、節間通して侮らない方が賢明でしょう。

むしろ興味深く思い切って舟券購入してみると、高配当をゲットできるかも知れません。

また、水の柔らかさから展示タイムに差が生じにくくなっています。ですが、展示タイムが抜けている選手がいた場合には、その条件を乗り越えて叩き出したタイムとなるため、よほど調子が良いということになります。

こちらも思わぬ高配当が飛び出す可能性を考えた方が良いでしょう。

以上、常滑競艇の特徴をご紹介しました。

是非、当記事を参考に常滑競艇で開催されるレースに勝っていただければと思います。

 

guest
0 件の口コミとコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
0
コメントを投稿するx
()
x