競艇場

蒲郡競艇の特徴を完全解説【予想のコツや押さえポイント】

蒲郡競艇アイキャッチ
競艇初心者
競艇初心者
  • 競艇の特徴はなに?
  • 競艇で予想する時の攻略法は?
  • 競艇で予想する時の注意点は?
蒼波雫
蒼波雫
お任せください!

この記事で紹介する内容

蒲郡競艇の水面

蒲郡競艇の風

蒲郡競艇のコース

蒲郡競艇のコース別決まり手

蒲郡競艇のコース別入着率

蒲郡競艇の季節毎のコース別入着率

蒲郡競艇のモーター交換時期

蒲郡競艇の企画レース

蒲郡競艇で予想をする際の注意点

蒲郡競艇で予想をする際の攻略法

蒲郡競艇ライブ中継(ライブスマホ)

蒲郡競艇の特徴まとめ

蒲郡競艇は人工的につくられたプール型の水面。

他にも海に面していたり、湖の中にあったり、全国には24箇所もの競艇場が存在し、それぞれに特徴を持っております。

競艇(ボートレース)は、気温や風向きなどの気象条件により、レース傾向が左右します。そのため競艇場の特徴を理解することが、舟券攻略の近道になります。

当記事を読めば蒲郡競艇の特徴がわかるようになります。

蒲郡競艇の特徴を完全解説

基本データ

公式:ボートレース蒲郡

電話:050-3540-0507

住所:愛知県蒲郡市竹谷町太田新田1-1

交通:車もしくは電車の方はコチラ

SNS: facebook Twitter

支部:愛知

モーター交換時期:5月

蒲郡競艇は愛知県蒲郡市にあるプール型の競艇場です。地図による位置関係は以下の通りです。

蒲郡競艇は年間を通じてナイター開催となっており、全国24場でも売り上げは高く、人気の高いレース場です。

毎年、SGやプレミアムG1などのビックレースも開催されております。

蒲郡競艇の水面

蒲郡競艇は海に近い位置にあり、水質は淡水と海水が入り混じった汽水となります。

汽水の競艇場は難水面のイメージがありますが、蒲郡競艇はプール状の作りのため、潮の流れや干満の変化がありません。

それにより、蒲郡競艇は干満差や潮の流れやうねりの影響がなく、クセのない穏やか水面となっています。

穏やかな水面だと、選手は思い切ってターンマークを回るため、1コーナーはスピード戦が繰り広げられます。

つまり、1コースの選手も全速で握って回るため、他艇の差しは届きづらく、基本的にインコースが有利となる傾向にあります。

しかし、蒲郡競艇はスピード水面であるがゆえに、外のコースからも同様に攻めやすいのも蒲郡競艇の特徴です。

センターコースから思い切った仕掛けで「まくり」や「まくり差し」が決まりやすいのも覚えておきましょう。

要約まとめ
  • 干満差やうねりの影響がなく、クセのない水面
  • 穏やかな水面だと、基本インコースが有利になる
  • スピード水面でセンターコースからも攻めやすい

蒲郡競艇の風

蒲郡競艇の特徴として水面の他に風の特徴もあります。

蒲郡競艇は風の影響は少なく波が立ちにくいため、年間を通して穏やかな水面です。

蒲郡競艇は三河湾に面した位置に作られていますが、湾の内側にあり、強い風が吹くことは比較的少ないです。

季節風が吹いてもスタンドや防風壁、電光掲示板などで風を遮ってくれるため、風の影響が少なく、穏やかな水面となります。

また、蒲郡競艇は年間を通してナイターレースが開催されており、昼と夜で気温の差はありますが、昼の時間帯に風が吹いても、夜の時間帯になると、風が弱くなる傾向です。

決して風が吹かないというわけではありません。むしろ風向きが一定せずに、選手からは「スタートが難しい」という声も聞きます。

向かい風が吹くと、ダッシュからの攻めが効きやすく、追い風ならインコースが有利とされておりますが、風速2〜3メートルの風では、さほどレースへの影響はありません。

ただし、風速6メートル以上に強まってくると波が出てきてレースは荒れる傾向です。

追い風が強くなると、思ったよりも1マークのターンが流れやすくなり、レースが難しくなります。向い風が強まればダッシュの攻めも効いてきます。

風の向きよりも、風の強さに注意しながら、レースを見ておきましょう。

蒲郡競艇のコース

蒲郡競艇のコースの作りは以下のとおりです。

蒲郡競艇の特徴として、第1ターンマークからバックの対岸まで156.7メートルもあり、これは全国24場の中でも1番の広さです。

100メートルを越える競艇場は全国でも少なく、80~90メートルぐらいが平均的な広さとなります。

逆に、第1ターンマークからスタンド側の広さは41.3メートルと、こちらは比較的狭い作りです。

スタンドまでの幅が狭いと「差し」が不利になると言われており、握る艇の方が有利とされます。

また、ピットから第2ターンマークまでの距離は126メートルで、こちらは長めの作りとなっております。

その結果、ピットアウト時の出方次第では、進入コースが入れ替わるケースも多くあります。

特にベテラン選手などは、ピット離れ仕様と呼ばれる出足型のぺラ調整をおこない、積極的に内のコースを取りにいく傾向です。

インコースが強い蒲郡競艇では、アウトコースからでは勝ち目がないとみる選手も多く、コースを取りにいくのは必然かもしれません。

蒲郡競艇のコース別決まり手

以下が蒲郡競艇のコース別決まり手の集計表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース逃げ捲り差し捲り差し抜き恵まれ
197.50002.40
2035.057.103.83.8
3029.19.748.612.50
4044.218.027.88.11.6
5020.0046.626.66.6
6040.0050.010.00

(集計期間:2019年4月1日~2020年4月7日)

蒲郡競艇のコースの特徴として、5・6コースからの差しが0%という結果です。

5・6コースからの最内差しは、多くの引き波を越える必要があるために、ロスも多くて難しいとされておりますが、一本も決まっていないのでは珍しい傾向です。

蒲郡競艇は静水面で引き波の影響も大きく、内の艇も1マークで握って回るために、アウトから待ってから差していては前の艇に届かないということが言えます。

蒲郡競艇はスピード水面と言われているとおり、1マークで攻めるにはスピードが必要になります。

5・6コースから勝つためには、スタートを決めての「まくり」か、握りながら空いたスペースに差しを入れる「まくり差し」など、選手のスピード力が問われます。

5コースからの「抜き」が26%とあるように、1コーナーで決着を決められず、2コーナー以降でのターン勝負で、勝っているパターンも多いようです。

6コースからはスタートで先行するなど、よりスピードが重要となります。

ただし5コースが先に握っていくと差しの選択しかなく、展開もなくなるため、蒲郡競艇の6コースは、不利な位置と言えそうです。

蒲郡競艇のコース別入着率

以下が蒲郡競艇のコース別入着率の集計表です。

蒼波雫
蒼波雫
スマホは横にスライドできるよ!
コース1着率2着率3着率4着率5着率6着率
158.216.410.17.33.34.4
213.421.819.017.815.212.5
312.621.618.819.714.912.1
410.720.922.516.016.213.4
55.314.419.021.723.615.7
61.76.211.918.226.135.7

(集計期間:2020年02月01日~2020年04月30日)

1コースの1着率は58%と、全国24場の中でも上位に位置づけられます。

ただし、1コース1着率が最も高い大村競艇場など、60%を超えている競艇場は他にもいくつかあり、1コースが絶対に有利というわけではありません。

裏を返せば、1日全12レースの中で4〜5回は1コースが負けているというのも事実です。

3・4コースの1着率に関して、ともに10%を超えており、これは1コースが強い競艇場の中では比較的高い数字となっております。

特に4コースに関しては、他の競艇場と比べて高い傾向です。

4コースから3着以内に入る割合は50%を超え、4コースの勝率が最も高い戸田競艇場と匹敵する数字となっております。

蒲郡競艇はスピード水面であるがゆえに、くり」や「差し」など自在に仕掛けられる4コースが攻めやすい位置と言えそうです。

2着率と3着率を見てみると、2〜4コースで大きな違いはありません。5コースからも2・3着に絡んでくる割合は高めです。

予想する上では基本的にインコースからの逃げを軸に、2・3着の狙い方がポイントになります。

蒲郡競艇の特徴を踏まえると、センター勢を積極的に狙ってみるのも面白いと思います。

蒲郡競艇の季節毎のコース別入着率

春季のコース別入着率(3月~5月)

コース1着率2着率3着率
161.417.06.5
213.926.820.6
311.719.520.7
48.417.521.7
54.015.819.1
61.84.812.8

(集計期間:2019年3月1日~2019年5月31日)

蒲郡競艇は、年間通して1コースが強い傾向にあります。その中でも、春季が年間で最も1コースの勝率の高い時期のようです。

この時期は追い風が吹く日も多く、スロー水域に有利なコンディションとなります。

また、寒さが残る時期でモーターの回転が上がりやすく、スロー水域からもスタートが決めやすいのが特徴です。

結果的に2コースの2着率も高くなっており、1-2の本命決着が最も決まりやすくなっております。

3着に関しては2〜5コースで差はなく、混戦となる模様です。ただし、6コースからの連対率が極めて低いため、春季は比較的本命レースが多い傾向です。

この時期は無理に穴を狙わずに、素直に本命狙いで点数を絞った方が賢明でしょう。

夏季のコース別入着率(6月~8月)

コース1着率2着率3着率
155.816.710.9
211.923.818.3
311.821.619.8
413.019.120.6
56.112.419.0
61.97.012.0

(集計期間:2019年6月1日~2019年8月31日)

蒲郡競艇の夏季では、春季に比べると1コースの1着率が5%近くダウンし、4コースの1着率がアップしております。

すなわち1年の中で最も1コースの1着率が低い時期ということになります。

イン受難の時期とも言えますが、それでも1コースの1着率は50%以上。3着までに絡む割合も高いので、インコースが有利な水面に変わりはありません。

1コースの1着率が下がった要因として、気温や湿度の影響で回転が上がりづらくなり、スロー水域からスタートが届かなくなったり、1コーナーのターンで流れてしまうことが考えられます。

注目すべきは4コースからの1着率と2着率が上昇していることです。

前に述べましたが、蒲郡競艇は4コースから攻めやすい特徴があります。

特に夏の時期は水面も穏やかになり、ダッシュからスピードを乗せられる4カドの攻めが威力を発揮します。

また、夏の蒲郡競艇の特徴は、昼の時間帯に風が吹いても夜になるとほぼ無風になります。

このことから、夜の時間帯は比較的にインコースが強くなる傾向のため、穴目で4コースの1着を狙うなら前半のレースが有効でしょう。

秋季のコース別入着率(9月~11月)

コース1着率2着率3着率
159.917.47.5
213.425.717.1
310.319.421.4
410.519.020.6
55.915.818.4
60.83.816.1

(集計期間:2019年9月1日~2019年11月30日)

蒲郡競艇の秋季では、夏季に下がった1コースの1着率が上昇しております。春季と比べると数字の面では大差がありません。

この時期は比較的水面も穏やかになるた、蒲郡競艇らしいスピードレースが展開されます。結果的にインコースが強くなる傾向にあります。

5月から使用されているモーターも、徐々に性能差がハッキリしてきます。勝率の高いモーターに乗っている選手には特に注意が必要です。

出足型に仕上がっている選手は、ピット離れでコースを取って有利な位置からターン勝負してきます。

逆に伸び型に仕上がっている選手が3・4コースなどのセンター位置にいると、スピードに乗った攻めを展開します。

また、蒲郡競艇の秋季は穏やかな水面に加えて気温も下がってくるので、モーターのパワー差がそのまま結果に反映されます

予想する上ではモーターの性能を見極めることが重要となります。

冬季のコース別入着率(12月~2月)

コース1着率2着率3着率
160.316.18.0
214.925.514.7
310.921.421.4
49.522.223.5
54.811.320.0
60.84.713.6

(集計期間:2019年12月1日~2020年2月29日)

冬季は1コースの1着率が60%超えと、変わらずインコースが強い傾向です。

この時期は季節風が吹きますが、スタンドで遮られるためにほとんど影響はありません。

北西からの緩やかな向い風となります。

また、気温が下がることにより回転も上がりやすくなる為、スタートも決めやすくなります。

スローの艇がきっちりスタートを決めると、ダッシュ艇に展開を与えず、その隙に1コースから逃げる場面も多くなります。

ただし、スタート隊形がバラバラになると、ダッシュから思い切った攻めも通用するので注意は必要です。

スタートが決まるかどうかは選手のスタート勘とモーターの性能が影響します。

直近のレース情報から選手のスタートタイミングをチェックして、遅れているようだとスタート勘が合っていないのか、モーターが良くないか何かしら原因があると思います。

この時期はスタート隊形を重視しながら、レースの行方を見極めるとよいでしょう。

蒲郡競艇のモーター交換時期

蒲郡競艇では、毎年5月の初めにモーターの入れ替えがおこなわれます。

以下の画像の通り、モーターの使いはじめの時期は、2連率と3連率は全て0で表示されますので、数字からではモーターの良し悪しの判断できません。

蒲郡競艇の出走表出展:BOATRACE

一方、以下の画像の通り、使いはじめてから数ヶ月がたつと、数字に差が出てきてモーターの良し悪しも判断しやすくなります。

蒲郡競艇の出走表出展:BOATRACE

ただし、使いはじめの2〜3ヶ月は乗り手(選手)の能力がモーターの勝率に反映されやすくなります。

パワーのないモーターでも乗り手が良ければ勝率は上がります。パワーのあるモーターでも乗り手が悪ければ勝率は下がってしまいます。

コース別の決まり手の特徴でもお伝えしましたが、蒲郡競艇の6コースはほぼ勝てません。特にB級の新人選手が良いモーターに乗ったとしても、6コースからでは厳しい戦いが続きます。

結果的にモーターの勝率を下げてしまいます。

使いはじめの時期はモーターの数字は信頼できないため、参考に出来るものとしては以下の3つが挙げられます。

  • 前検タイム
  • 当日の展示タイム
  • 部品交換

この中で、蒲郡競艇の特徴として特に参考にしていただきたいのが、当日の展示タイムと部品交換です。

それぞれ解説します。

展示タイム

蒲郡競艇の展示タイム計測は自動化されているため、正確な数字が反映されます。

ただし、選手の体の起こし方や走る位置などによって、多少のズレがありますし、出足型や伸び型の仕上がりによってタイムの出方も変わります。

展示タイムを確認する時に注意していただきたいのが、6艇の中でズバ抜けてタイムがいい選手がいるかどうかです。

0.10秒以上の差をつけて早いタイムを出した選手がいれば、モーターが良い可能性があります。

チルトを上げていたり、伸び型の調整で展示タイムが出ている場合もありますが、他の艇と比べて大きく差が出ていれば、それは直線の動きが抜群と言えます。

蒲郡競艇の特徴は、センターからの攻めも決まりやすいレース場です。3・4コースに展示タイムがいい選手がいれば注目してみてください。

部品交換

蒲郡競艇では部品交換も重要なモーターの良し悪しを見極めるための要素です。

使いはじめの時期は部品交換があまり行われません。

この時期に部品交換をおこなったということは、よほどモーターが悪いのか事故の影響で壊れたことが推測されます。

使いはじめてから1ヵ月以内に部品交換がおこなわれたモーターは、素性が良くない可能性があります。

初期の部品交換によって気配が急変する場合もあるため、部品交換後の気配の見極めも必要となります。

その際は直前の展示タイムなどを参考にしてみてください。

また、BOATRACE蒲郡のレース情報も充実しております。

モーターの機力評価や選手のコメントなど、多くの情報が載っておりますので、ぜひ参考にしましょう。

蒲郡競艇の企画レース

進入固定戦

G3以下で7R目に進入固定戦

蒲郡競艇はG3以下の開催にのみ7Rに進入固定戦があります。

進入固定戦のため、ピット離れでコースが変わることはありません。

日によって変わりますが、基本的にA1選手,A2選手,B1選手,B2選手混合のレースが組まれる番組となっています。

また、インコースに能力の高いA級選手が入ることが多いのでイン逃げが中心のレース。

ですが、4コースのカドにも強い選手が入る場合があるため、攻め方次第では外の選手にも展開が生まれます。

つまり、ピット離れでコースが変わる心配もなく、比較的予想がしやすい企画レースとなっています。A級選手3人の決着も多く、本命勝負もしやすいでしょう。

ただし、1コースのA級選手が敗れたりB級選手が絡むことによって、高配当にもなりやすく穴を狙いたい人にもオススメです。

蒲郡競艇で予想する際の注意点

蒲郡競艇のレースで舟券購入する際は、以下の点に注意して舟券を購入すると良いでしょう。

水面の状況に応じてレース傾向をつかむ

蒲郡競艇の特徴としてインコースが強いことが挙げられます。

特に風が弱く、波のない静水面であればインコースの強さがはっきりと現れます。

また、蒲郡競艇の特徴としてセンターの攻めも決まりやすいですが、スタート隊形でバラツキがなければ1マークは展開もなく外から抜け出すのは厳しくなります。

よって、スタート隊形がそろえば1コースから逃げる確率も高くなります

特に夜の時間帯は水面も穏やかになる傾向にあり、番組的にも1コースにA級選手が入ってきますので、本命決着が多くなります。

上記のことから蒲郡競艇で予想する時、穏やかな水面の時は、素直にイン逃げを軸に予想を組み立てるといいでしょう。

ただし、荒れた水面であればレースも荒れる傾向にあります。

風速が6メートル以上だと、徐々に波が出てきて高配当も出やすくなります。

風や波が強まるとスタートがしづらくなり、インコースからでも1コーナーはターンがしづらく、逃げづらくなります。

荒れた水面の時は、波に強い選手やモーターの良い選手を絡めて狙うと、高配当を獲得する可能性も十分にあります。

技巧派のベテラン選手には要注意

蒲郡競艇では、ベテラン選手がいるレースには注意が必要です。

水面の特性上、スピードで劣るベテラン選手には不利なレース場と言えます。

ただし、SGやG1などに出場しているようなベテラン選手は勝つために色々な策を練ってきます。

ピット離れで内のコースをとり、有利な位置からターン勝負するなど、水面の特性を活かしたレースを組み立てて若い選手などに仕事をさせません。

特に外枠にベテラン選手が配置されていると、コース動くことも多く、レース展開が一杉縄ではいかなくなります。

蒲郡競艇はピットから2マークまでの距離が長めの作りとなっているため、待機行動で進入コースが変わるのも特徴です。

ベテラン選手がいる番組は、展開も読みづらくなるので注意が必要です。

モーターの良し悪しも重要

蒲郡競艇は広い水面のため、モーターによるパワーの差がレースにはっきりと現れます。

不利なコースとされている5・6コースでも、勝率のいいモーターに乗っている選手がいれば注目してみてください。

モーターの勝率が高いからと言って、1着が取れるわけではありませんが、3着までに絡む割合は高くなります。

また、パワーがあるモーターの場合、道中で追い上げることが可能です。

良いモーターに乗っている選手は、コース問わず積極的に3着までに絡めるのが良い判断と言えるでしょう。

当然、1コースの選手が良いモーターなら素直に逃げを信頼していきましょう。

逆に悪いモーターの選手は、スタートで遅れたり道中で抜かれたり、負ける可能性が高くなります。

インコースに悪いモーターに乗っている選手がいれば、注意してください。

蒲郡競艇で予想する際の攻略法

蒲郡競艇で開催されるレースで予想する際は、以下に注目して予想をすると良いでしょう。

まずは1号艇の選手がきっちり逃げるか考察する

蒲郡競艇の特徴としてインコースが強い傾向にあります。まずは1号艇の選手がきっちり逃げ切れるかどうかを確認しましょう。

重要になるのはスタートの隊形です。ポイントは以下の3点となります

  1. 1号艇の選手がスタートをしっかり決められるか?
  2. 2・3コースの選手がスタートで遅れないか?
  3. カドに伸びのいい選手や、スタート力のある選手がいないか?

それぞれ解説します。

1号艇の選手がスタートをしっかり決められるかどうか?

1号艇の選手がスタートを決められないと話になりません。

スタート(ST)が遅れる要因として、直近でフライングをして休みのペナルティーを持っているかどうかが重要となります。

以下の出走表のように、F数の項目が「F1」「F2」となっている選手はスタートが慎重になる可能性が高く、注意が必要です。

近況のレース結果などからスタートタイミングをチェックして「バラつきがないか」「スタートで遅れてはいないか」などの状況を見極めて、インコースの選手がスタートを決められるかどうか検討してみましょう。

また、モーターの性能もスタートタイミングに影響します。特に夏の時期は回転が上がりづらく、悪いモーターだとスタートが決めづらくなるので注意が必要です。

2・3コースの選手がスタートで遅れないか

インコースが逃げるには、2・3コースの壁の存在も重要となります。

1コースの選手がスタートを決めても、2・3コースの選手が遅れるとダッシュ艇の攻めが有効になり「まくり」や「まくり差し」が決まりやすくなります。

カドに伸びのいい選手や、スタート力のある選手がいないか?

カドのコース(4コース)に伸びのいい選手やスタート力のある選手がいると、インコースの逃げる確率も下がる傾向です。

カドに攻めるタイプの選手がいると、内の艇は、外を警戒しながらのレースになるため、1コーナーでターンが膨らむ可能性があります。

ターンが膨らむと、内側に差し場が生まれ「差し」や「まくり差し」が決まる場面も多くなります。

カドに攻める選手がいる場合には、特に2・3コースの壁の存在が重要となります。

以上の3点に着目して、1号艇の選手が逃げられるかどうかを予想してみてください。

1号艇選手が逃げられるかを考えた際、不安材料が多いとそのレースは荒れる傾向にありますので、予想の逆をついて積極的に穴を狙うのも競艇予想の醍醐味となるでしょう。

スピードのある若い選手に注目

蒲郡競艇は、全国屈指のスピード水面として知られています。広くてクセのない水面のため、選手は思い切ったターンができます。

そうなると勢いのある若い選手が、全速で握っていくレースを見せてくれます。

5・6コースだと、1マークでは展開が必要となりますが、3・4コースなら地力で攻めることも可能で、血気盛んに握っていくことが多くなります。

モーターが良かったり、スタートが決まっている若手選手がいればセンターコースにいれば注目してみましょう。

実績の少ない若手選手でもスピード勝負で大金星をあげることもあるので見どころです。

蒲郡競艇ライブ中継(ライブスマホ)

無料で蒲郡競艇ライブ中継(ライブスマホ)を視聴する事ができますので、舟券予想をする際はライブ中継を観ながら楽しみましょう。

全国競艇ライブ
全国競艇ライブ中継【無料視聴】【登録不要】全国競艇ライブ中継(ライブスマホ付き)を無料視聴しよう。全国のレース結果をどのサイトよりもいち早く確認することができます。 ...
蒼波雫
蒼波雫
家で蒲郡競艇を楽しめるのは良いね!

蒲郡競艇の特徴まとめ

蒲郡競艇は干満差やうねりの影響もなく、全24場の中でも比較的予想もしやすいレース場です。

蒲郡競艇のコースは広く穏やかな水面ですので、選手の能力やモーターのパワーがそのまま結果に反映されるため、本命配当も多くなります。

水面が穏やかならインコースが有利となり、内枠の艇が連に絡む割合も高くなります。

だし、スタート隊形がバラつくとセンターから思い切った攻めも決まりやすくなるので、注意が必要です。

特に4コースに関しては、状況を見ながら「まくり」「まくり差し」と自在に攻められるため有利なコースと言えます。

3着にまでに絡む割合も、他の競艇場に比べると比較的高くなっております。

5・6コースから勝つには、スピードが必要となります。スピードで劣るベテラン選手には不利と言えますが、勢いのある若い選手には活躍の場面があります。

よって、ベテラン選手が外枠にいると、積極的にコースを取りにいくため、進入コースが入れ替わる可能性も高く、レースの展開は読みづらくなります。

それでも基本はインコースが強い傾向です。

穴を狙うなら、風が強まったり波が出てきたり水面が荒れるタイミングです。

風の影響も少ない蒲郡競艇では、水面が荒れるのは稀ですが、見続けていれば、そのうちチャンスは訪れます。

蒲郡競艇で予想するときは、基本はイン逃げを軸に本命狙い。水面の状況次第で穴を狙ってみると高配当をゲットできるかもしれません。

 

guest
0 件の口コミとコメント
Inline Feedbacks
すべてのコメントを表示
0
コメントを投稿するx
()
x